本番に向けてのはなし

・音楽のブログ

今回は、本番が近づいてくるにつれてどういうことを意識して過ごしているかを話してみようと思います。

本番でよりよい演奏をするためには、その日だけ気合いを入れればいいというものでもない、と思っているので、その辺りも含めてお話ししてみます。

意識しているのは、本番前○日(週間、ヶ月)時点でどこまで達成できていれば本番に良い演奏を持っていけるか、ということです。

広告

本番一ヶ月前のはなし

まずは本番1ヶ月前のはなしです。

「曲練習の仕方〜その2〜」の記事でもお話ししましたが、僕の場合は、この「本番1ヶ月前」の時点で全ての箇所をテンポで演奏できるようになっていることが理想です。

そこまで到達できていれば、この時点では特に焦ることはありません。

ただ、速いパッセージがテンポで上手く吹けないフラジオが当たる時確率が100%でない長いフレーズで息が持たない、などテクニックがまだしっかり身に付いていないと結構焦ります(笑)

間に合っていなければ当然、ここから本番まで練習時間を増やして習得する、ということになりますが、この一ヶ月前時点での出来を一つの目安にしています。

人それぞれだとは思いますが、僕の場合は本番前日にテンポで吹けるようになっても、翌日の本番でそれを100%発揮することは難しいと思います。

ここからの1ヶ月は習得したテクニックをしっかりと体に覚えさせて、本番で緊張したり、予想外のことが起こったりした時にも演奏が崩れないようにしていきます。

本番1ヶ月前〜1週間前

本番1ヶ月前の時点で楽譜通り吹けていれば、ここからはそれを体に覚えさせて、より深めていくフェーズかなと思います。

練習のポイントとしては、必要以上に表記のテンポで吹かないように気をつけます。

絶対に間違えないゆっくりなテンポで、リズムやレガートをより自然に美しく演奏するように練習します。

フレーズを一つ一つ、優しく磨いていくようなイメージで少しずつゆっくり練習しています。

僕はこの練習をどれだけ細かくおこなえるかで本番の演奏のクオリティが変わってくるなと感じています。

練習が間に合っておらず、このような細かい練習ができなかった時は本番で音楽に集中できなくなり、指が転んだり、音を外したりと、ちょっとしたミスがポロポロ出てしまいます。

一日中ゆっくりなテンポでもいいのでひたすら美しく吹けるように練習します。

できれば毎回の練習で曲全体を練習できると良いと思います。

この練習が曲の前半だけだったり、難しい連符の所だけ、のように一箇所に集中してしまうと、逆にこの練習をしなかった箇所で変な不安を感じてしまうこともあります。

速くて難しいパッセージ、長い音を伸ばすフレーズ(普通に吹けば間違えることがないような箇所)問わず、曲の全体を網羅できるようにするのがポイントです。

これをじっくり数週間かけてやります。一曲にかける時間はそんなに長く取らなくてもいいかもしれません。練習できる時間が長くある場合基礎練習やエチュード練習の時間にするのがいいと思います👍

本番一週間前〜本番前日

本番一週間前からは、自分自身のコンディションを最優先に過ごします。

サクソフォンをはじめ、リード楽器の方であれば同時にリードのコンディションを整えることも大切です。

自分自身のコンディション(体調)は自分にしか分からないので、少しでも違和感があれば練習よりも休むことを優先します。

今までどれだけ有効な練習を十分な時間取り組んでこれていても本番の時に体調が悪ければ、集中力が落ちてベストな演奏をすることは難しくなると思います。(年に数回はそういう時もありますが、そうなってしまった場合はもう気合です)

僕はちょっとでも喉や鼻に違和感を感じたら漢方を飲んでいます。(効果はもちろんですが、精神的にも安心できるので笑)

リードに関しては、人それぞれ本番に向けてのコンディションの整え方があると思いますが、僕は毎日30分ずつくらい吹いて、どんな状態かを確認します。(音色、吹きごこち、抵抗感など)

あとは本番の日の天気や湿度を気にしつつ、本番の場所がこんな感じの吹き心地だったらこれかな、など色々な状況をたくさんイメージしておきましょう。

練習に関しては、正直なところ本番一週間くらい前から付け焼き刃的な練習をしても本番にあまりプラスにはたらくことはないと思うので、ゆっくりで丁寧な練習を続けます。(※個人の感覚です)

本番前日〜本番当日

前日は特別これと言ってすることはありませんが、ひとまず衣装や楽器関連の持ち物確認をしておきましょう。忘れ物をしてしまうと当日、変なところで無駄に精神を使ってしまうのでなんとかして避けたいです。

あと僕が何度も確認するのは当日の、会場入りの時間、乗る電車の時間、家を出る時間、起きる時間、です。電車での移動が多いのでトラブルで遅れる可能性を考えて、会場近くに1時間前くらいには着くようにしています。

問題なく着いた場合は近くのカフェでコーヒーを飲みながらサッカーを見たりゲームをしたりしながらのんびり時間を潰しています。

電車等のトラブルで、間に合うか間に合わないか、みたいな状態に陥ってしまうと、冷静でいるのは難しいと思います。遅れるかもしれないことを連絡したり、駅から会場までダッシュすることになってしまったりと、無駄に体力、精神力を使ってしまうので、最悪を想定して動いています。

当日、トラブルもなく会場に着けたらもうあとは本番を迎えるだけです。

色々な練習を丁寧に時間をかけてやってきていれば本番は楽しめると思います。

ステージに出たらもう間違えるとか音を外すとかそういうことはどうでもいいので(笑)、楽しく音楽に浸りましょう。

結局それが一番いい演奏につながると思います✨

それでも失敗してしまったらそれを踏まえてこれからの練習を工夫していけば良いので、プラスに捉えましょう👍

自分が本番の日を安心して迎えられて、ベストな状態で本番を楽しめるように、色々な視点から考えてみるのもいいかもしれないですね👍

次回もお楽しみに〜。

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました