ニーノでボレロ。

・音楽のブログ

昨日はこちら。

「タクティカートオーケストラ 特別公演 RISING STAR CLASSICS」

に出演させていただきました✨

広告

ボレロデビューはニーノ。

コンサートのスタートはM.ラヴェル作曲の「ボレロ」

僕にとってはボレロでした!

しかも楽器はソプラニーノ!

昨今ではテナーとソプラノで演奏することが多いですが、原譜にはソプラニーノで書かれています。(しかもF管)

ただソプラニーノだとソロの一番最後だけ音域が足りなくなるので、テナー奏者がソプラノに持ち替えて途中から吹くのです。

その部分、前日に1人で撮ってみたので載せます。笑

こんな感じでつながっています。(右の人は直前のテナーのソロを吹いていた人です)

ソプラノの存在を知った上で、音域が足りないのにわざわざソプラニーノで書いているということは、ラヴェル自身、相当ソプラニーノの音色にこだわりがあったのではと思います。

とても貴重な経験をさせていただきました。

今後もソプラニーノの本番が増えるといいなあ✨(出てくる曲がなさすぎるけど)

ソリストの3人、凄かった、、、

今回のコンサートの目玉でもあるソリストのみなさま。

左からピアニストの角野未来さん、フルーティストのCocomiさん、ヴァイオリニストの高松亜衣さん

大活躍中の3名の演奏を一度のコンサートで聞けるという贅沢。

みなさまブラボーすぎました。

僕は角野さんがソリストを務められたG.ガーシュイン作曲の「ラプソディー・イン・ブルー」に乗っておりました。

サクソフォンがオーケストラの作品に参加する機会は本当に少ないのですが、今回はボレロに続きこちらも演奏させていただきました。

素晴らしいソリストとオーケストラの皆様と素晴らしい時間を過ごせました。

本番の角野さんのソロは圧倒的で舞台上で「すげ〜〜っ🙃」ってなってました。笑

共演者のみなさま

今回のサックスセクションは小熊祥太くんと堤華奈さん、素晴らしいお二人との共演も楽しかったです🎷

他にも昭和音大の後輩や、芸劇のアカデミーで同じ時期に在籍していた方など、色々な方とご一緒できて嬉しかったです✨

とっても刺激的なコンサートでした。

今後もオーケストラに呼んでいただけるよう頑張ります🔥

出演者のみなさま、スタッフをはじめ関係者のみなさま、お疲れ様でした!

それではまた〜。

コメント

タイトルとURLをコピーしました