フラジオの運指、紹介します。続編

・音楽のブログ

今回は前回の記事に続いてさらに高い音の運指を紹介します✨

前回のフラジオの記事を読んでいない方はこちらからご覧ください✨

広告

ド# (実音E)

まずは「ド#」から。

僕は決まった運指がひとつあって、リードの調子に合わせて音程を調節をするようにしています。

こんな感じ。

レ (実音F)

次は「レ」

「ド#」と同じくひとつの運指を基本にして、そこに適宜キイを足してピッチを調節しています。

こんな感じ。

レ#,ミ♭(実音F#(G♭))

次は「レ#,ミ♭」。

これは2種類を使い分けています。

外れにくいが、ピッチがややぶら下がりやすい。

ピッチや響きは安定するが、ミスると下の「ラ(実音C)」が出てしまう。(「ラ」と同じ運指)

ミ (実音G)

この辺りからは滅多に出番はないかと思いますが一応w。

ひとつ基本の運指があり、そこに必要に応じてキイを足しています。

こちらです。

ファ (実音A♭)

次は「ファ」

この音域までくると運指は正直多すぎてよくわかりませんww。

運指があっていてもリードが良くないと出ない場合もあります。

僕がいつも使っているのはこの運指です。

ファ# (実音A)

続いては「ファ#」。この音が出てくる曲がパッと浮かびませんww。

運指はこちら。

ソ (実音B♭)

最後は最初のフラジオ「ソ」の1オクターブ上の「ソ」です。

今のところは僕はマルタン作曲の「バラード」でしかみたことないです。(他にも新しい曲であるかもしれません)

運指はこちら。

終わり!

さらに上もあるかもしれませんが僕は今のところこれ以上の音が出てくる曲はやったことないですw。

ひとつめのフラジオの記事と合わせて、ぜひ参考にしていただければと思います👍

フラジオはたくさんの運指があり、僕も色々な人と意見交換しながら、「このキイ足してみよう」「ここ押さない方が当てやすい」などいろいろ試行錯誤しながらたどり着きました。(もちろん今後もっといい運指を見つける可能性もあるかと!)

ぜひ色々な人のアイディアを参考に自分なりのフラジオ運指を考えてみてくださいね〜。

それではまた〜。

コメント

タイトルとURLをコピーしました